住まい購入時に必要な物件以外の資金

住まい購入時に必要な物件以外の資金

人が住まいに求めるもの

人は住まいを手に入れたいと願うものです。その住まいは何が期待されているのでしょう。物理的で基本的な側面から言えば、雨風を凌ぐ場所というのは人間にとって必要な場所です。それが住まいというのが最も基本的な住まいの機能でしょう。また、他人が入ってこれないという、生命や財産を外敵から守るという城壁のような役割もあるでしょう。人間が社会生活を営み、富の蓄積をするようになってからは、この役割というものが非常に重要になってきました。

さらにもう少し精神的な効果を考えてみると、パーソナルスペースの確保というのが住まいの役割として登場してきます。特に、近代社会においては人の数が多く、住まいの外でパーソナルスペース確保するのは至難の技です。家に帰るとゆっくり一人になれるという役割が住まいには期待されています。これによって私達は精神的な健康を維持できるのです。

そして、最も重要なのがホームという概念です。自分の居るべき基本的な位置ということになります。これもかなり精神的な面があります。家族とともに生活の基礎となる場所を持つ、ということが住まいを持つということだと思います。この場所があることによって私達は安心しつつ、毎日働きに出たりする気力が生れるのです。