住まい購入時に必要な物件以外の資金

住まい購入時に必要な物件以外の資金

住まい給付金について

家をたてるときに、住まい給付金というものを聞いたことがあります。実際に新築をたてることになって初めてそのような給付金があることを知りました。どのようなものなのでしょうか。基本的に住まい給付金は消費税が上がったことで作られたものです。家をたてるときに消費税があがったことによる負担を緩和させるために設けられた制度と言われています。貰えるためには基準があり、収入が510万円以下の世帯に最大で30万円給付されると言われています。

この給付金の申請はたてた家に入居した後にできます。貰える時期の目安としては書類がスムーズに通れば、申請後一ヶ月半から2カ月で支払いが行われるそうです。最近この、給付金がなくなるとされていましたがまた申請ができるようになったと聞きました。どのような政策になるかははっきりとはわかりませんが、貰えるお金は多いに越したことはないのだと思います。

最近では住宅を夫婦で共有していて、ローンも夫婦二人で借りている場合が多くなっています。その場合では、世帯単位での申請はできないことになっているのでこのようなとき、給付金の申請は持分保有者個人単位で行う必要があります。決まりがあったり複雑なのでしっかりと理解して申請できればと思いました。